甲状腺異常はエステ脱毛よりココナッツオイルスキンケア

甲状腺とは、喉の近くにある体の器官の一つで、甲状腺ホルモンを分泌する働きをしていますが、これが何らかの原因によって分泌が不足したり過剰になったりとすることで体のバランスが崩れることがあります。

そのため、薬物療法による治療やあるいは手術をして改善していきますが、薬の服用やホルモン治療をしている人は、エステサロンでのエステ脱毛は基本的に受けられないことになっています。

その理由として、甲状腺の薬はホルモン系の薬であるため、体内に入ることでホルモンバランスを崩す可能性があり、毛の生えるサイクルが狂ったりして、エステ脱毛を行ってもあまり効果が得られない場合があるのです。

また、生理の時のエステ脱毛があまり良くなことと同じく、ホルモンバランスが崩れていると普段よりも肌が敏感になって炎症やかぶれを起こす可能性もあるため、基本的に長期に渡ってホルモン治療をしている甲状腺異常の人はエステ脱毛はできないことになっています。

けれども、脱毛ができなくても、エステ気分を味わいたいという人もいることでしょう。
そういう人には、ココナッツオイルでのスキンケアなどがおすすめです。

本来は、甲状腺以上の人に植物性の油はあまり良くない影響を及ぼすのですが、植物油の成分であるオレイン酸やリノール酸などの長鎖脂肪酸を体外へ排出する作用があるため、これによって代謝機能が高まり甲状腺を正常にするサポートをしてくれるのです。

また、ココナッツオイルの成分は食べるよりも皮膚からの吸収率が高いためスキンケアに最適です。
メイク落としのクレンジングや、保湿オイル、マッサージオイルとして美肌へのアプローチとしてスキンケアに役立ててみてはいかがでしょうか。